TOP > 介護保険で利用できるサービスとは?

介護保険で利用できるサービスとは?

介護保険は「65歳以上の人(第1号保険者)」か「40~64歳の医療保険に加入している人(第2号被保険者)」で特定疾病のある人」が利用できるサービスで、利用者の負担金は「利用料金の1~2割」となります。
※詳しく知りたい方はコチラ

介護保険を利用するためには?

市区町村の窓口に申請を行い、訪問調査を経て、認定を受けることが必要です。ご本人の状況により「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階に分類されます。要支援の方は「地域包括支援センター」で「介護予防ケアプラン」を、要介護の方は「ケアマネージャー」に「ケアプラン」を、それぞれ作成してもらい、介護サービスを受けることができます。

介護保険のサービス例

本WEBサイトでは、それぞれのサービスを【 カッコ内 】に示したサービスの名称(困りごと)で、検索ができるようになっています。

相談

介護の相談・ケアプラン作成
介護サービスの利用にかかる相談、ケアプランの作成
▼内容を見る(検索方法)
居宅介護支援
→【ケアマネに相談→ケアマネに相談】

在宅

自宅に訪問
ヘルパーや専門家が自宅に訪問して、生活の介助を行います
▼内容を見る(検索方法)
訪問介護(ホームヘルプ)
→【身の回り(食事、家事支援など)→ホームヘルパー(一般)】
訪問入浴
→【入浴サポート→家で入る】
・→【身の回り(食事、家事支援など)→ホームヘルパー(入浴・リハビリ)】
訪問看護
→【身の回り(食事、家事支援など)→ホームヘルパー(看護師が訪問)】
訪問リハビリ
→【身の回り(食事、家事支援など)→ホームヘルパー(入浴・リハビリ)】
夜間対応型訪問介護
→【身の回り(食事、家事支援など)→ホームヘルパー(夜間対応)】
定期巡回・随時対応型訪問介護看護
→【見守りサポート(見守りのみ)→看護師訪問】
施設に通う
日帰りで通うデイサービス等で、食事や入浴、交流を図ります
▼内容を見る(検索方法)
通所介護(デイサービス)
→【デイサービス、サロンなど→デイサービス(一般)】
通所リハビリ
→【デイサービス、サロンなど→デイサービス(リハビリ)】
療養通所介護
→【デイサービス、サロンなど→デイサービス(看護が必要)】
認知症対応型通所介護
→【認知症サポート→認知症対応デイサービス】
訪問・通い・宿泊を組み合わせる
デイサービスを中心に、短期宿泊や自宅訪問を組み合わせます
▼内容を見る(検索方法)
小規模多機能型居宅介護
→【ショートステイ(短期宿泊)→短期宿泊(一般)】
→【デイサービス、サロンなど→デイサービス(一般)】
複合型サービス(看護小規模多機能型居宅介護)
→【認知症サポート→認知症対応デイサービス】
短期間の宿泊
要介護者の方が、短期間(最長30日迄)、施設に入所します
▼内容を見る(検索方法)
短期入所生活介護(ショートステイ)
→【ショートステイ(短期宿泊)→短期宿泊(一般)】
短期入所療養介護
→【ショートステイ(短期宿泊)→短期宿泊(看護が必要)】
→【入居施設(老人ホームなど)→看護・リハビリの必要な老健施設】
福祉用具を使う
車いすや介護ベッドなどのレンタルや、購入の助成を行います
▼内容を見る(検索方法)
福祉用具貸与
→【その他(福祉用具/寝具/助成など→福祉用具】
特定福祉用具販売
→【その他(福祉用具/寝具/助成など→福祉用具】

入居

施設等で生活
在宅復帰や自立した生活を目指し、施設に入居して生活します
▼内容を見る(検索方法)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
→【入居施設(老人ホームなど)→特別養護老人ホーム(要介護3以上)】
介護老人保健施設(老健)
→【入居施設(老人ホームなど)→看護・リハビリの必要な老健施設】
→【ショートステイ(短期宿泊)→短期宿泊(看護が必要)】
介護療養型医療施設
→【入居施設(老人ホームなど)→医療・看護の必要な介護療養型】
特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム、軽費老人ホーム等)
→【入居施設(老人ホームなど)→有料老人ホーム】
地域密着型サービス:地域に密着した小規模な施設等
入居定員30人未満の施設や、認知症対応型施設に入居して生活します
▼内容を見る(検索方法)
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
→【認知症サポート→認知症対応グループホーム】
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
→【入居施設(老人ホームなど)→医療・看護の必要な介護療養型】
地域密着型特定施設入居者生活介護
→【入居施設(老人ホームなど)→サービス付高齢者住宅】