TOP > SCツール利用規約

SCツール利用規約

地域の介護 SCツール利用規約

【本規約の位置づけ及び承諾事項】
 本規約は、「地域の介護」として提供されるサービスのうち、登録会員を対象としたscツールの利用について、地域の介護利用規約に付加して規定するものです。登録会員は、scツールの利用にあたり、地域の介護利用規約及び本規約の双方につき利用時点における最新のものをご理解の上でご承諾いただく必要があります。また、地域の介護利用規約第1条④の「別途定める規約」は本規約を指すものとします。なお、scツールによるサービスは、介護もしくはこれに関連する業務に従事する方が、個々の業務において活用することを目的として提供されるものであり、会員登録にあたっては、この目的をもって登録することを前提とするものです。

第1条 定義
 「地域の介護利用規約」において用いられる各用語の定義については、地域の介護利用規約第1条所定のものを準用する他、以下のとおりとします。
 ①SCツール:会員登録の申請を行い、SCツール運営者の認定を経て付与されるIDとパスワードを用いて、提供される登録会員向けサービスであり、会員認証後にサービスの利用が可能な状態にあるものを指します。
 ②会員提供情報:登録会員が本サービスの機能を用いて送信した情報(本規約に基づいて本運営者によりその一部を変更されたものも含みます。)で、本サービス上で一般的に表示される状態にあるものを指します。
 ③運営者提供情報:本運営者が本サービスに掲載した情報で、本サービス上で一般的に表示される状態にあるものを指します。
 ④被掲載者:会員提供情報及び運営者提供情報により本サービス上で表示される客体となった法人及び個人を指します。
 ⑤保存データ:登録会員がscツールの機能を利用して(直接的利用、間接的利用を問いません。)保存した一切の情報を指します。

第2条 登録会員
 (1) 登録会員となるためには以下の①ないし③のいずれかに該当し、かつSCツール運営者が認定する必要があります。但し、scツール運営者が、個々に、登録を相当または不相当と認めた場合はこの限りではありません。
     ①介護従事者(生活支援コーディネーター、ケアマネージャー、介護事業者、介護施設及び福祉施設の勤務者、介護及び福祉に関する業務を担当する行政機関職員、その他職業として介護業務及び福祉業務に従事する方を指します。)
     ②介護に密接に関連する業務に従事する者
     ③上記①及び②に準ずる者
 (2) 本利用者のうち登録会員となることを希望する方は、本サイト上に掲載されている会員登録申込フォームに必要事項を正しく入力して送信し、会員登録の申込を行ってください。
 (3) SCツール運営者は、会員登録申込者より必要事項の入力された会員登録申込フォームを受領後、可及的速やかに会員登録の可否及びこれを可とする場合には会員IDと仮パスワードを当該申込者に電子メールにて通知します。
 (4) 会員登録の可否はSCツール運営者が専権的に判断します。SCツール運営者は、個々の会員登録の申込に関し、照会に対する回答、判断理由の開示、会員登録拒絶に対する異議申立は一切受け付けません。

第3条 登録会員の義務及び責任
 (1) 登録会員は以下の義務を負います。
     ①仮パスワードの発行を受けた場合、速やかに所定の要件を満たす本パスワードの設定を行ってください。
     ②パスワードは秘密情報として厳重に取り扱い、絶対に他者に開示しないでください。
     ③住所、氏名、所属、連絡先、メールアドレス、その他登録した情報に変更が生じた場合には、すみやかにSCツールより所定の操作を行って登録情報の変更を行ってください。
     ④会員ID、パスワード、SCツールの利用は登録会員ご本人に限り、これを他者に利用させることは固く禁じます。
     ⑤故意過失を問わずパスワードが漏洩したと疑われる場合には、直ちにパスワードの変更を行ってください。また、他人が会員ID及びパスワードを用いてscツールを利用することのできる状態にある端末機器を紛失した場合も、直ちにパスワードの変更を行うとともに、速やかにscツール運営者へ連絡してください。なお、scツール運営者は端末紛失の連絡を受けた場合には、当該SCツールの一時的な利用停止措置をとることがあります。。
     ⑥SCツールの目的は、介護業務及びこれに関連する業務を支援することにあります。登録会員は、この目的及び本規約前文に記載された本サービスの目的から逸脱しない範囲で、SCツールを適切に利用してください。
     ⑦登録会員は、SCツールを利用して送信及び保存される情報について、情報の消失等に備え、バックアップ作成等の必要な措置を自らの責任において行ってください。また、scツール運営者は、SCツールを利用して送信及び保存された情報について、消失・利用不能等により生じた一切の損害に対し、何ら責を負うものではありません。
       
 (2) 登録会員は、別途定めるscツール利用料金規定にしたがい、所定の利用料金を、所定の方法により、支払う義務を負います。
 (3) 登録会員は、SCツールの会員IDもしくはパスワード(これらが保存されている端末機器を含む)を他人に使用させたこと、これらを適切に管理しなかったこと、その他SCツールを不適切に使用したことにより、scツール運営者、本利用者、その他第三者に損害を与えた場合、その一切の法的責任を負うものとします。

第4条 登録会員の退会、停止、取消
 (1) 登録会員は、何時でも、SCツール上から所定の退会操作をすることにより、会員登録を抹消することができます。ただし、登録会員が登録した情報は、当該会員の退会時に削除されるものではありません。
      
 (2) 次の場合、SCツール運営者は、予告なしに登録会員の資格を取り消すことができます。
     ①本規約に違反する行為を行った場合
     ②登録会員が第2条(1)所定の要件を充足しなくなった場合
     ③登録会員が第2条(2)により送信した会員登録申込フォームの記載内容に虚偽が存すること(事後的に真実と異なる状態に至ったにも関わらず相当期間内にその訂正がなされない場合も含む)が判明した場合
     ④第3条(1)に定める義務に違反した場合
     ⑤登録会員への通知連絡が困難となったと認められる場合
     ⑥scツール利用料金規定に定める利用料金の支払いが滞り、同規定に定め要件を満たした場合。
     ⑦その他、SCツール運営者が取消しを相当と認める場合
 (3) 登録会員資格の取消が行われた場合はその時点でSCツールの機能は全面的に利用できなくなり、保存データは全て抹消されます。この場合、SCツールの全部または一部が利用できなかったこと及び保存データが抹消されたことに起因して生じた損害は全て当該登録会員の責に帰するものとし、運営者は一切の責任を負いません。

第5条 保存データ
 (1) 登録会員は、scツール上の各機能にしたがい、保存データを作成し、これを活用することができます。
 (2) scツール運営者は、保存データを機密情報として、適切に送受信・保管・管理します。

第6条 登録会員による情報送信時の義務及び禁止事項
 (1) 登録会員は、法令及び本規約にしたがい、scツールの機能を利用して、自己の知見及び職業的見解に基づく情報を会員提供情報として送信することができます。
 (2) 会員提供情報を送信する場合、送信者は当該情報が公知のものである場合を除き、当該情報に記載された被掲載者の意に反して当該情報を送信してはなりません。また、会員提供情報が送信された場合、scツール運営者は当該情報が本項に定める要件を満たしているものとみなします。
 (3) 会員提供情報は、送信者がその知見及び職業的見解に基づいて作成し、その責任において送信するものとします。
 (4) 登録会員は、会員提供情報の掲載にあたり、当該情報の掲載者を特定する情報が掲載されることを承諾します。
 (5) 登録会員は、会員提供情報に記載された被掲載者がscツール運営者の提供する有料サービスを利用することとなった場合、被掲載者の意向にしたがって当該情報の内容が改変されることを全面的に承諾することとします。
 (6) 本サービスの利用により生じた登録会員・本利用者相互間の法律上及び事実上の紛争、その他登録会員・本利用者相互間の問題については、別途の定めがある場合を除き、当該当事者間の責任において全て解決するものとし、scツール運営者は一切の斡旋、仲裁、裁定、解決に要する費用の負担等を行わず、その責も負いません。
 (7) 前項は、登録会員と被掲載者または第三者との関係についても、これを準用するものとします。
 (8) 登録会員は、本サービスの利用及び会員提供情報の送信に関する作為及び不作為について、何人に対しても対価もしくはこれと同視される便宜を要求することはできません。
 (9) 登録会員が次の行為を行うことは、理由の如何を問わず、固く禁止します。
     ①他者になりすましてscツールを利用する行為
     ②自己の性別、職業、資格、その他自己に関する情報を偽る行為
     ③コンピューターウィルスまたはスパイウェア、その他有害なソフトウェア等(以下「コンピューターウィルス等」という。)を送信する行為
     ④故意過失を問わず、また、方法の如何を問わず、コンピューターウィルス等に感染させ、またはコンピューターウィルス等への感染の危険を増大させる行為。(コンピューターウィルス等への感染の危険のある外部のウェブサイトへの誘導を含む。)イウェア等に感染させることを意図した行為
     ⑤過去に送信した会員提供情報と実質的に見て同一といえる情報を正当な理由なく繰返し送信する行為
     ⑥登録会員、本利用者、scツール運営者、その他何人たるを問わず、他者の権利を侵害する行為及び不快感を与える行為(権利侵害及び不快感の発生に至らなくともこれらを意図した行為一切を含む)
     ⑦法令、公的団体等の策定したガイドラインに違反する行為
     ⑧営利目的、不正の目的、その他本規約前文に記載された本サービスの目的に照らし不相当な意図により、本サービスを利用する行為
     ⑨公序良俗に反する行為
     ⑩その他、scツール運営者が不適切であると判断した行為

第7条 会員提供情報における禁止事項及び会員提供情報の取扱い
 (1) 本利用者が会員提供情報として次の内容を含むと判断される情報を送信することは、理由の如何を問わず、禁止します。
     ①送信時点において真実と異なる内容
     ②scツール運営者において通常の手段によりその真実性を速やかに確認することが困難である内容
     ③本人より送信の承諾を得ていない個人情報、他人の人格権、プライバシー権、財産権、知的財産権、その他あらゆる法的権利を侵害する内容
     ④自己または第三者の売名を目的とした内容
     ⑤特定の政治的主張、特定の宗教的主張、特定の思想信条をアピールすること、これらを非難すること、これらに関する議論をすることのいずれかを目的とした内容
     ⑥特定の政治団体、特定の宗教団体、その他本サービスの目的に照らして不適切もしくは無関係な団体に関する、宣伝、勧誘、批判、告発等を含む内容
     ⑦暴力団、テロ組織、反社会的団体等及びこれらの構成員もしくは関係者に関する内容
     ⑧アフィリエイトサイト、出会い系サイト、コンピューターウィルスもしくはスパイウェア等に感染する危険性のあるサイト、その他本サービスの目的に照らし不適切もしくは無関係なサイトへのリンク等を含む内容
     ⑨わいせつ表現及び児童ポルノ等にあたる表現、違法薬物及び脱法ドラッグ等に関する表現、暴力的表現、差別的表現、ヘイトスピーチ、他者への非難もしくは誹謗中傷を含む表現、犯罪もしくは反社会的行為を賛美助長する表現を含む内容
     ⑩禁制品の売買、違法行為、売春行為、反社会的行為等の勧誘を目的とした内容
     ⑪医療行為もしくは医薬品ではないにもかかわらず、医学的効能等を標榜する内容
     ⑫当該情報の送信者の資格、身分、経歴等を詐称した内容
     ⑬法令または公序良俗に反する内容
     ⑭その他、scツール運営者が不適切であると判断した内容
 (2) scツール運営者は、次の場合、送信された会員提供情報を掲載しない、掲載後においてはこれを予告なく削除する等の必要な措置をとることができます。
     ①当該情報の内容が客観的な真実と異なる場合
     ②当該情報の内容が法令及び本規約に違反する場合
     ③当該情報の内容が本サービスの目的に照らし不相当である場合
     ④その他、scツール運営者が不適当と判断した場合
 (3) scツール運営者は、送信された会員提供情報に明らかな誤字脱字もしくは名称や所在地等に明らかな誤記があることを覚知した場合、当該情報の送信者への通知承諾を要せず当該情報を修正する措置を行うことができます。
 (4) 本条(2)及び(3)に基づく措置については、当該会員提供情報の送信者は、scツール運営者に対し、措置を行った理由の開示を求めること、及び措置に対して異議を申し立てることは一切できません。
 (5) 上記(2)の場合、scツール運営者は、当該情報の送信者に通知の上で、当該情報の内容を真実、法令、規約等に適合するよう改変して運営者提供情報として運営者名義で掲載することができます。この場合、当該情報の送信者は、scツール運営者に対し、いかなる対価もしくはこれと同視されうる便宜を要求することはできません。 

第8条 被掲載者の取り扱い
 (1) scツール運営者は、会員提供情報に含まれる被掲載者に関し、当該情報の掲載の前後を問わず何時でも、当該情報の送信者への通知承諾を要せず、当該情報の送信者の意に反する場合であっても、被掲載者に当該情報が送信された旨を通知し、当該情報の内容を開示し、その他必要な事項を連絡することができます。
 (2) 前項に基づく措置により会員提供情報について第7条(1)に列挙する事由が存することが判明した場合、もしくは被掲載者から掲載辞退の申し出があった場合、第7条(2)及び同(4)を準用して、scツール運営者は必要な措置を行います。
 (3) 被掲載者より自己に係る運営者提供情報及び会員提供情報につき削除及び訂正等の申立てがあった場合、scツール運営者は、同申立の趣旨を最大限に尊重し、第7条(2)ないし(4)を準用して、必要な措置を行います。

第9条 違反行為等に対する措置
 (1) 被掲載者若しくは第三者からの申出などにより、本規約に違反する事実が判明した場合、scツール運営者は当該違反行為を行った者に対し、次の措置を取ることができます。また、本条はscツール運営者が当該違反行為を行った者に対し民事上及び刑事上の法的措置を行うことを妨げるものではありません。
     ①当該本利用者に対する注意
     ②会員提供情報の削除
     ③本サービスへのアクセスの制限または拒否
     ④登録会員である場合にはその登録の取消し
     ⑤当該違反行為の経緯、措置、注意喚起事項等の公表
 (2) 本規約への抵触の有無及び本条に基づく措置についてはscツール運営者が専権的に判断します。scツール運営者は、前記判断及び措置に関し、照会に対する回答、判断理由の開示は一切行いません。また、本条に基づいてなした措置に対する異議申立ては一切受け付けません。

第10条 個人情報等の取扱い
 (1) scツール運営者は、利用者が登録した個人情報、クッキー及び携帯端末の機体識別番号を、利用者への本サービス(メールマガジンの配信、情報提供等を含む)の提供の目的に利用し、当社所定の「プライバシーポリシー」に基づき適切に取扱うものとします。
 (2) 本サービスの利便性向上のため、scツール運営者は、利用者による本サービスの利用によりIPアドレス、アクセスしたページのウェブアドレス、クッキー(cookie)その他の個人を識別できない情報を取得し、アクセス解析などを行います。
 (3) 本利用者は自己が本サービスにおいて送信した会員提供情報及び自己に関する情報のうち本サービス上において他者へ公開される旨が明示されている範囲内の部分について、これらを第三者の閲覧及び利用に供されることを予め承諾するものとします。
 (4) 本利用者は、サイト運営者とSCツール運営者が、それぞれ取得した個人情報を含む全情報を、相互間で共有し、本規約にしたがって各々利用することを予め承諾するものとします。

第11条 知的財産権
 (1) 本サービスに関するすべての知的財産権は、サイト運営者もしくはSCツール運営者または別途権利を有する第三者に帰属するものとします。
 (2) 前項にかかわらず、登録会員が自己のIDを用いなければ閲覧することのできない情報(但し、会員が入力した情報に限り、SCツールの機能及び意匠にあたる部分は除きます。)については、当該IDの発行を受けた登録会員に帰属するものとします。

第12条 損害賠償責任
  本サービスの提供により第三者に損害が発生した場合、scツール運営者もしくは本利用者のうち当該損害の原因となる行為(運営者提供情報の掲載、会員提供情報の送信、scツール運営者による運営行為、本利用者による利用行為など)を行った者と当該第三者との間で解決を図るものとします。なお、scツール運営者が当該損害の原因となる行為を行っていないにもかかわらず当該第三者に対して賠償責任を履行した場合、その行為を行った者に対し、適切な範囲で賠償金額及び解決費用の求償をなすことができるものとします。

第13条 地域の介護利用規約の準用
  本規約は地域の介護利用規約に付加的に適用されるものであり、本規約について定めのない事項については同規約が準用されるものとします。特に同規約3条ないし5条及び10条はscツールのサービス提供においても同様に準用されるものとします。また、同規約と本規約とが矛盾抵触する部分については、その矛盾抵触する限りで本規約が優先します。

第14条 残存条項
  第10条ないし第14条についてはscツールのサービス提供後もその効力を失わないものとします。

以上



2016年4月1日
株式会社ソーシャルサービス